市川市での家族葬情報ガイド

TOP > 市川市の家族葬について > 家族葬が増えている市川市の葬儀形態

家族葬が増えている市川市の葬儀形態

最近、葬儀に名称を付けることが多くなっているようです。
過去においては、一般葬が当たり前のことで、その中で参列する人の数が多いのか少ないのかと言った程度でした。
参列する人数が多いから一般葬で、少ないことで家族葬と言われるようになったのは、ごく最近のことではないでしょうか。
更にこの家族葬と言われるものでも、家族や遺族・親族だけで行うものがあれば、友人・知人がいても大丈夫と言う葬儀もあります。
そこには、家族葬には決まりがないと言うことが、当てはまるからです。
遺族や家族の人が、参列してもらいたい人だけに連絡を入れると葬儀で、町内会などの会長さんには連絡事項だけを伝えることが、一般的な考え方と言って良いのでしょう。
あまり堅苦しい葬儀を控える人も多くなったことも、家族葬が多くなった所以かも知れません。


市川市内においてもルールはない家族葬ですが、おおよその目安として、人数が少なく葬儀であることが前提のようです。
そこには、遺族と近親者で行う葬儀と言う名目がいるからです。
また別な意味で使われる場合もあります。
それが宗教色を全くなくした葬儀の形になることです。
自由葬とも呼ばれることになるのかも知れませんが、お坊さん等を全く呼ぶことなく、司会者の進行を持って、焼香なども行わない葬儀も有り得ることになります。
極端な例を挙げるとすれば、音楽が好きだった人のために、音楽を流し放しにすると言った方式も考えられることになります。
麻雀を愛した人の場合には、参列者全員が麻雀をしながら見送ると言ったことも考えられることになります。
これらの方法で送り出すことが、亡くなった方の供養になると考えると、不思議なことでもない訳です。


日本社会の変化も、葬儀の形に影響を与えているようです。
まず高齢化社会になり、会社とか近所の方々との付き合い方に大きな変化が出来たことがあります。
勤めを終えてから長い期間が経ってしまった、老人ホームなどの施設に入る人が多く、自宅周辺の人との縁が薄くなってしまったなどの要因も考えられます。
そのため仕事関係の人や町内の人を呼ぶには、迷惑がかかるのでないかと言う配慮がなされるようになる訳です。
呼ばれた方も迷惑をかけたくないと言う心境が、遺族に働くこともあるのでしょう。
そして残された遺族にも、少人数で行う葬儀の方が費用も安く済むと言うメリットが生まれます。
派手な葬儀を行う必要もなく、亡くなった方とゆっくり過ごす時間も出来ることからも、喜ばれる葬儀の形と言って良いのでしょう。

次の記事へ

ページトップへ