市川市での家族葬情報ガイド

TOP > 市川市の家族葬について > 市川市で行われる家族葬の費用について

市川市で行われる家族葬の費用について

葬儀を行う際に一番気になるのは、費用がどれぐらいかかるのかということでしょう。
市川市などの都市部では家族葬が主流になっているため、ここではその費用について紹介しますが、まずは一般的な葬儀費用や、その内訳を知っておきましょう。
一般的な葬儀費用は、総額で200万円程度になると言われており、主に従来の大規模な葬儀を行う場合はこれぐらいの費用がかかるということが言えます。
この総額費用の内訳は、葬儀社へ支払う葬儀本体費用が120万円程度で、通夜に振る舞われる料理代などの飲食接待費用が35万円程度、そしてお布施である寺院費用が45万円程度になると言えるでしょう。
また葬儀費用の総額は、最も大きなウエイトを占める葬儀本体費用によって大きく変わってくるという特徴があり、葬儀プランによってその費用は変わるということを知っておきましょう。


では、家族葬の葬儀費用はどうなっているのかというと、総額で100万円程度というのが相場だと言えるため、支出に関しては、一般的な葬儀の半額程度で済ませることが可能だと言えるでしょう。
家族葬の葬儀費用の内訳は、葬儀本体費用が50万円程度で、その他の飲食接待費用と寺院費用が、合わせて50万円程度になると言えます。
家族葬は一般的な葬儀と比べて参列者の人数が少ないため、その分、飲食接待費用を安く抑えることが可能ですし、工夫次第でかなり節約することが出来ます。
ただし寺院費用については、基本的には一般的な葬儀の場合と変わらないため、宗派などに応じた金額を用意する必要があるでしょう。
しかし家族葬の場合は、身内だけの葬儀なので比較的自由な形式で行うことも可能なため、僧侶を呼ばないことで寺院費用を節約することも可能だと言えます。


家族葬は一般的な葬儀と比べて費用を安く済ませることが可能ですが、参列者が少ない分、香典収入があまり見込めないことにも注意しておく必要があります。
一般的な大規模な葬儀の場合は、多くの方から香典を頂くことが出来るため、葬儀費用の総額の4~5割程度を香典収入によって賄うことが可能だと言われています。
しかし家族葬のような小規模な葬儀では、身内だけの葬儀になるため、初めから香典を受け取らないケースも少なくありませんし、受け取る場合でもあまり大きな金額にはならないと言えるでしょう。
そのため、家族葬の場合は香典による費用軽減がほとんどないということを知っておく必要があります。
また、香典収入を考慮した実質的な費用というものを考えると、家族葬と一般的な葬儀ではそれほど差がない場合があるということも言えるでしょう。

次の記事へ

ページトップへ