市川市での家族葬情報ガイド

TOP > 市川市の家族葬について > 市川市の家族葬の利点と注意点とは

市川市の家族葬の利点と注意点とは

葬儀を執り行うことは、長い人生の間でもそう頻繁にあることではなく、一度か二度あるかないかという人が大半ではないでしょうか。
いざ執り行わなくてはならない立場となれば、何から手をつければ良いのかわからずパニックになってしまいがちです。
まず決めなくてはならないのは、葬儀の規模をどの程度にするのかというところではないでしょうか。
一昔前ならば、一般葬で家族や親族はもちろんのこと、友人や知人、近所の人や会社の人など故人と関係があった多くの人が参列することが当たり前でした。
しかし近年では、規模の小さな葬儀を選択する人が増えていることから、市川市でも家族葬を執り行うことが珍しいことではなくなりました。
家族葬には、一般層にはないありとあらゆるメリが存在していることは確かです。


人の死はいつ訪れるかは誰にもわかることではないように、葬儀は急遽執り行うことになるケースが大差です。
その際に従来執り行っていたような一般葬では、急なお別れで気持ちの整理がつかないまま葬儀に関する様々なことを決めていかなくてはなりません。
予想される参列者の人数を踏まえた会場選びをし、通夜振る舞いや精進落としといった食事を手配して、返礼品や香典返しなどの準備を整えるというのは、家族にとってかなり精神的な負担となるのではないでしょうか。
家族葬ならば、身内や親族、そして親しい友人しか参列せず、人数はかなり少ないので、準備にかかる時間が格段に減り、周囲に気を遣うことなく、最後の時間をゆっくりと過ごすことができるという、精神的な面のメリットはかなり大きいといえます。


家族葬を選ぶ理由は人により様々ですが、その中でも多くの人が家族葬を選ぶ理由の一つとして当てはまるのが、金銭面の負担を軽減させることができるという点です。
一般葬よりも参列者が少ないということは、その分会場も小さくすることができ、飲食接待費という負担も大幅に減らすことができます。
もちろん一口に家族葬といっても、葬儀業者によって必要となるトータル費用や、サポート体制にも違いがあるのでよく比較してから選ばなくてはなりません。
複数の業者から見積もりを取るようにし、違いを比較しておきましょう。
このように金銭面の違いは比較しやすいポイントとなりますが、それだけで判断するのではなく、家族葬を執り行っている実績が豊富にあり、信頼することができる業者なのかという点も注目するべきです。

次の記事へ

ページトップへ